HOME ホームへ戻る AIR Menu 飛行機メニューへ戻る IJN Air Menu 日本海軍機へ戻る

Pavla パブラ
1/72 日本海軍
機上作業練習機 白菊21型

昭和20年

2020年製作、
2020年撮影。
Made in 2020,
Taken in 2020.


 パブラの1/72、九州飛行機の機上作業練習機、白菊です。

 90年代に買いそびれて悶々としていましたが、2020年2月にチェコのお店からeBayに出ていたので、ゲットできました。

 が、キットは、やはり90年代の簡易インジェクションそのものでした。当たり前ですね。(笑)
 キットというより、とりあえずおおよそ部品のカタチをしたものが入っているとかいうレベルです。プラの素材も、劣化なのか、弾性があまりなく、ヘタするとボロッと欠けてしまうような素材です。

 キャノピーはバキューム部品なので、フィットが甘く、少し浮いたりしています。
 最大の問題は、キャノピー近くの機体側面の小窓と、キャノピー後ろの機体上部の小窓が、開いていないことでした。一生懸命に開けましたが、ボディパーツの肉厚が1~2mmくらいと肉厚なうえに素材が悪いので、キレイな小窓になりませんでした。しかも実機と見比べると、機体側面の小窓の部分、キャノピーと主翼との間はもう少し距離がありますが、キットではかなり接近しています。つまり、あちこち、プロポーションがおかしいところがあります。
 しかし、とりあえず1/72では今でも唯一と言える白菊のキットですし、一見した感じの全体のプロポーションは良好なので、まあ細かい部分は良しとしましょう。

 アシェットの1/100ダイカストの白菊と比べると、アシェットのほうがプロポーションは正確だと思います。が、スジボリが太いのが難点でした。
 パブラのは1/72なので相応なスジボリですが、いかんせん90年代の簡易インジェクションなので、部品は合いが悪いとか言うレベルではありません。自分で一生懸命に削ってカタチを出す必要があります。(^^)

 アシェットのは機体下面を定説どおりオレンジに塗ったので、今回は下面は明灰白色にしました。最末期は、下面は明灰白色で、各部の日の丸も白フチが最初からなかったという説に拠ってみました。

I couldn't get this kit in 1990' s, and have wanted it for a long time. Eventually I got it in 2020, from a store in Czech in eBay.

Parts of this kit are “a kind of parts”, and are not smart parts. But this point was standard as tiny company’s kits in the 1990s.
The plastic is a little deteriorated, and might have been aging.

The canopy is a vacuum formed part, so it is not a just fit and floats a little.

The biggest problem was that small windows on both sides of the hull near the canopy and at the top of the aircraft behind the canopy were not molded. It was very hard for me to open them. Because the thickness of the body parts is about 1-2 mm and the plastic is a little deteriorated, so I couldn't form a smart window shape. Moreover, compared to the actual aircraft, there must be a little more distance between the canopy and the main wing. (The small windows area on the side of the aircraft.) The canopy and the main wing are very close in this kit. In other words, this kit has a little wrong proportions.

However, this is the only 1/72 Shiragiku kit, and the whole proportions of this kit seem to be good.

Compared to Hachette's 1/100 diecast Shiragiku, I think the proportions of Hachette are more accurate. However, it has a big problem. Because of a diecast, its panel lines are very thick.

Underside of Hachette's 1/100 was painted in orange as a usual training plane of Japan. This time I painted the underside of 1/72 with light gray, the same as Zero. I took an opinion that the underside of Shiragiku was light gray in the last period of War and the red roundel had no white edges.












HOME ホームへ戻る AIR Menu 飛行機メニューへ戻る IJN Air Menu 日本海軍機へ戻る
inserted by FC2 system