気楽につくる
プラモデル情景写真
Plastic Model Photos (Assembly kits)

 更新履歴

2017/6/21 模型用資料としてソ連軍(赤軍・NKVD)の階級章・兵科色を作成しています。まだチェック中です。
2017/6/14 ダグラムのページで画像を3つ更新(撮り直し)しました。ホビコムで投稿済みのものデス。
2017/6/13 ガンプラのページで画像を3つ更新(撮り直し)しました。ホビコムで投稿済みのものデス。
2017/5/20 1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)素晴らしき70年代の田宮模型の戦車プラモデルたちを作ってみました。
2017/5/1 1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)素晴らしき70年代の戦車プラモデルたちを作ってみました。
2017/5/1 1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)素晴らしき70,80年代の飛行機プラモデルたちを作ってみました。
2017/4/29 1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)素晴らしきタカラ&日東のダグラムシリーズを作ってみました。
2017/4/28 1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)素晴らしき 日東科学 NITTO 1/76 戦車シリーズを作ってみました。
3/29 半年ぶりに、いくつかの写真を更新&新規アップ作業中です。
9/5 いくつかの写真を更新&新規アップ作業中です。
7/5 3か月ほど放置となってしまっていました。ホビコムというサイトに登録したところ、そこでの活動が忙しくなってしまいました。CosBearというハンドルネームで棲息しておりますので、模型好きな皆様も、ぜひご参加を!
4/13 最近、多くの方々に訪問していただいて大変嬉しいです。嬉しいので、宇宙情景 撮影の方法飛行情景 撮影の方法を新規作成しました。
3/23 戦車のページで画像をいくつか更新(撮り直し)しました。
3/22 飛行機のページに日本海軍機を新規作成しました。
3/15 飛行機のページを新規作成しました。
3/15 第二次世界大戦 イギリス軍 ベレー帽の色とバッジを作ってみました。
2/6 ガンダム、ダグラム、マクロスとも更新完了しました。完全新規ではない、写真の入れ替えも、今回はNEWと表示してあります。

ホビコムにご参加ください!(広告ではありません。(^^))
 
私も2016年までは模型サークルなどには全く参加しない一匹狼でしたが、いろいろなジャンル、いろいろな作風、いろいろなスキルの方がおり、とても参考になります。
メンバーの皆さんも、節度ある気さくな方が多いです。
周りにプラモデルの知り合いがいなくても、気軽に参加できるのがとても良いです。
皆さま、ぜひぜひご参加ください!
CosBearの名前で私も棲息しています。


 本サイトは先に立ち上げたサイト軍装コスプレとテディベアの中の一項目でしたが、写真が多量になり容量オーバーしたため2015年10月、プラモデル関係は独立して当サイトへ引っ越ししてきました。
 当サイトの管理人は「作り込まないで数を揃える」ことをモットーにしていますので、いかに時間をかけずに完成させるかを最大の要点としています。作り込んだ作品が好きな方にはお目に合わないと思います。
 シチュエーションが同じ(背景が同じ)写真が多いですが、時間ができたら随時撮り直して写真を差し替えていますので、何年かするとそれなりに違ったシチュエーションにバラけるのではないか?と期待しています。(できるのかいな?)

 写真のコメント(グチが多い)は、基本的に撮影時点でのものです。


 
 戦車のページへ to the Tanks' Page


 
 飛行機のページへ to the Airplanes' Page


 
 ガンダムのページへ to the GUNDAM's Page


 
 宇宙戦艦ヤマトのページへ to the YAMATO's Page


 
 ダグラムのページへ to the DOUGRAM's Page


 
 マクロスのページへ to the MACROSS's Page


 
 ヒストリカルフィギュアのページへ to the Historial Figures' Page


以下は古い写真帳です

航空機・軍艦(Aircraft/Warship)
 日本陸軍機へ(別ページ)Imperial Japanese Army Air Forth
 日本海軍機へ(別ページ)Imperial Japanese Navy Air Forth
 ドイツ空軍機へ(別ページ)Luftwaffe
 戦後機へ(別ページ)After WWII
 アメリカ機、イギリス機は気が向いたら整理します。
 
 

1980年前後の懐かしのキットたち (未組み立て)NEW


 
 素晴らしき 日東科学 NITTO 1/76 戦車シリーズ

 
 素晴らしきタカラ&日東のダグラムシリーズ

 
 素晴らしき70,80年代の飛行機プラモデルたち

 
 素晴らしき70年代の戦車プラモデルたち

 
 素晴らしき70年代の田宮模型の戦車プラモデルたち


特集


 
 戦車ジオラマ写真の撮影のしかた(呉式) How to take a photo of Tanks


 
 飛行情景 撮影の方法 How to take a photo of Airplane


 
 宇宙情景 撮影の方法 How to take a photo of Space Battleship


 
 戦争博物館の実物写真


 
 模型製作の基本 How to build kits easily (Japanese only)


 
 第二次世界大戦 イギリス軍 ベレー帽の色とバッジ WWII British Army Beret Colours and Badges


 
 黒立ち上げの迷彩塗装 How to paint by airbrush (Japanese only)




 私の模型ポリシー My policy for making plastic models

戦いは数だよ、兄貴!
(Battle - Not quality, but quantity!)
by Lt. Gen. Dozle Zabi (Gundam)
ソロモン要塞司令官ドズル・ザビ中将閣下の名言


 原則、説明書どおりに組み立てて色を塗って終わりです。兵器は質よりも数、ってことで。
 私は精密なミニチュアを眺めることよりも、自分の作った模型が、写真のフレームの中で躍動しているのを見るのが楽しい性分なのです。70年代の子ども向けプラモ本の言い方で言えば、「映画監督になった気分」なのです。
 模型雑誌などから察するに21世紀の現在では、エッチングパーツてんこ盛り、アフターパーツてんこ盛り、普通の「町の模型店・量販店」では入手困難な塗料、ウェザリング素材などを使った、「時間とお金」をかけた作風が主流ですね。しかしモデラーなら一度は陥ったことがあると思いますが、そうやっているとなかなか完成させられないのです。買って作れずに積んでおく「積みプラ」ばかりが増え、あげくのはてに中古屋やヤフオクで処分するハメに。。。
 そこで私は思い切って初心に戻り、「いかに手軽く完成させて楽しむか」を重点に置くようにしました。
 アルバムは、古い時代のもの(若かりし頃の作品)ほど改造やディテールアップがしてありますが、新しくなるほど、そういう理由で、全くの無改造になっていきます。




inserted by FC2 system